ネイリストとは


ネイリストとは?

ネイリストとは、お客様の爪を美しくすることを仕事にする爪のプロのこと。

ネイリストといえば、爪やチップなどに、花や幾何学模様、ラメやストーンといった、美しい模様や飾りをする「ネイルアート」を施すことがクローズアップされますが

実際の仕事は、まずお客様自身の爪をケアしたり、折れたり薄くなってしまった爪を保護したりしてあげるといったような仕事

つまり本来は「美しいネイルが似合うように手や爪をキレイにする」、手と爪のエステティシャンといったほうがぴったりくるかもしれません。


とはいえ、お客様が一番望むのは、ネイルアートの部分というのももちろんあります。

一口にネイルアートと言っても、爪本体に施すものから、チップ、エクステンションネイルといろいろ。

これら様々なネイルついては、「ネイルの種類」のところで詳しく説明してあります。

ネイリストの働き方は?


さて、ネイルの種類がいろいろあるように、ネイリストの働き方もいろいろあります。

ネイルサロンを自分で開く、ネイルサロンに勤める、というのはもちろん、美容院、結婚式場やエステサロンのネイル部員、出張ネイリストやネイルスクール講師まで幅が広いです。

最近では、チップを作成しネットで販売など、接客は苦手だけどチップ作成は得意!という専門職まであります。


ネイリストになるには?

どのように働くにしてもネイルに関わる仕事をするなら、大切なのは基本です。

プロを目指すなら、独学でよりもスクールや講座などでしっかり勉強することをお勧めします。

そうはいっても実は、日本国内で仕事をするにあたっては、ネイリストというのは特に資格はいらないのです。

極端な話「ネイル得意だから」と「あたし、今からネイリストよ!」と言ってしまっても問題はありません。

ただ、資格に代わるものとして、「ネイル検定」というものがあります。

自分のレベルに応じて受験でき、そのレベルがネイリストとしての評価として使用されます。

正式な資格はないといっても、実際は高いレベルの試験に合格する方が就職や収入の面でも差が出てきますので、ネイルをしっかり学んでレベルアップすることをおすすめします。


ネイルストは他人の手や爪に施術することで収入を得る仕事ですから、しっかり勉強して技術を身につけることで、ネイリストとしてのレベルも収入も上がっていきます。

ネイルを学ぶときには、ネイルスクールや通信教育などがありますから自分に合った方法を探してみましょう。(ネイルスクール、通信教育のところを参考にしてみてください)

ネイリストはお客様に喜んでもらうのが仕事です。

ブライダルネイルに代表されるような、晴れの舞台、特別な時にだけネイルアートを希望するお客様もたくさんいます。

そんなお客様の特別な気分を害さないために、接客も学び、自分自身を内外から磨くことも大切です。

自分を磨くことができない人は他人を磨くことができるとは思えませんよね?

このように、ネイリストとは、ネイルの知識はもちろん、他にも接客などたくさんの要素が必要な「手と爪のスペシャリスト」であるということを覚えておきましょう。

<マニュキュア豆知識>

ネイルに欠かせないマニュキュア、この意味を知っていますか?
この言葉の語源はラテン語で“手”という意味の「MANUS」と”手入れ“という意味の「CURA」を合わせた言葉です。
このことからも、マニキュアを施すプロであるネイリストは本来手のお手入れという意味を持っているのです。