ネイルサロンを開くには


ネイルの勉強をしていて、少し自分に自信がついたら「自分のお店を持ちたい」と考えるのは普通のことです。

何人ものスタッフを抱えるような大きなサロンでなくても、自分ひとりでもネイルサロンは開業できます。
そこがこの仕事の良いところ。

しかし、どんなネイルサロンにしたいのかしっかり考えてからでないと、お店のコンセプトがちぐはぐなものになりかねません。参考までに開業のポイントをいくつかあげてみましょう。


1、どこで開くか(立地)

はじめに考えるべきことはどこにネイルサロンを開業するか?ということ。
自宅の場所にもよりますが、ある程度人がいるところなら、始めは自宅の一部を利用するというのも一つの方法です。家賃がかからないので、起動にのるまで資金の面で楽です。

また、小さめの店舗を借りたり、デパートやショッピングモールなどの店舗に出店する。美容院やエステサロンの一部を借りてネイルブースとして出店するなどの方法もあります。

駅からの距離やなどの立地や人通り駐車場、店の大きさ、家賃やターゲットにするお客さんの年齢などあらゆる面から考えてサロンを開業することをおすすめします。

2、どんなお客さんに来てもらうか?(マーケティング)

大切なポイントが、自分のネイルサロンはどの層をターゲットにするかという点です。
若い子がターゲットの店にするなら、派手目のアートやチップをメインに、主婦やOL向けならシックなアートやハンドケア、ネイルケア重視などそれによってどんなネイルサロンにするか違ってきます。

最近の傾向ではあれもこれも全て扱っている店というよりは、専門分野を持っている店が好まれる傾向があります。
ターゲット層に合わせて、店内の雰囲気も変え、コンセプトを決めましょう。
客層にあわせた店舗デザインも、お店のコンセプトを決めるうえで重要です。


3、開業手続き

難しそうに見えて、意外と簡単なのが開業手続。特に、ひとりで開業するとなると手続も楽です。
簡単に説明すると

まず、ネイルサロンを開業する地域の自治体にある税事務所へ「事業開始等申告書」をもらいに行き、必要事項を記入して提出します。(用紙はHPでダウンロードできるようになっているようです)

次に、税事務所で「所得税の青色申告承認用紙」「個人事業の開廃業等届出書」の二つをもらい提出します。これらは開業してから1ヵ月以内に行きましょう。

分からないことは担当の事務所にたずねてください。
この手続きか完了すれば、あなたもネイルサロン経営者です。


4、あとはあなたの営業努力次第

開業するのは、ある意味簡単ともいえます。
そこからお客さんの心をつかんでリピーターを増やしていけるかどうかが勝負です。
お客さんを集める宣伝・営業努力、しっかりした施術が必要になってきます。
サロンを出したての頃は大変なことも多いですが、充実した日々が送れるでしょう。