ネイルスクール通学で学ぶ


趣味程度に「ネイルアート」を学びたいなら、サロンやカルチャーセンターでの「ネイルアート講座」でも大丈夫でしょう。

ですが本気でネイルを勉強したい方、ネイリストを目指す方には、スクールに通って、しっかりと勉強するのが近道です。

<ネイルのプロになるなら、基礎も大切>

ネイリストを目指すうえで忘れてはならないのが「ネイリストの仕事はネイルアートだけではない」ということ。

ネイルが好きな人であれば華やかなネイルアートに憧れてその世界に入ることが多いです。
ですが、ネイリストの仕事は、「ハンドケア」「ネイルケア」「爪の保護や補強、修正」など地味な仕事の方が思ったより多いのです。

ネイルのプロになるためには、そのような仕事がしっかりできるように基礎的な土台となる知識を蓄えておく必要があるのです。


<ネイルスクール・ネイルの学校の講座内容とは?>

そのような事情があるため、ネイルスクールでのカリキュラムも、華やかなネイルアートの授業ばかりでなく、まずは基礎的なところから始まります。

授業の中には

・爪や指の構造や基礎知識から皮膚学や人体生理学、衛生面などネイリストの基礎的知識
・ハンドマッサージやフットマッサージなどの実技

など基礎的なものから

・ネイル製品の扱い方
・カラーリング
・ネイルアートの基本テクニック

というようなすでに自分でネイルを勉強し始めている人には退屈に思えるような授業もあるのですが、
りますが、やはり、独学とネイルスクールで教えてもらうものとでは違うことがたくさんあるのできちんと学んでおいた方が、後々約に立つでしょう。


<ネイルスクールのコースと費用>

上記で講座内容について述べましたが、全体的なネイルスクールのカリキュラムは、

・基礎知識から学ぶコース
・基礎修了後にさらにレベルアップしてネイルアートを学べるコース
・カルジェルやバイオジェル、3Dネイルやスカルプチュアなどを専門で学ぶコース

など幅広いコースが用意されています。

通う期間、費用などはコースによって違いますが、2ヶ月くらいで修了するものから、1年かけてじっくり学ぶものがあります。


気になるネイルスクールの費用については、費用も10万円前後から70万円を超えるものまでさまざま。

講座の内容やコース、予算によって、また自分の将来の目標によって合うスクールやコースは違いますから、自分に合うものを選びましょう。


<ネイルスクールをどう選ぶ?>

ネイルスクールもいろいろありますが、安くはないお金を払って入学するのですから、入る前にまずは資料請求をして、説明会や体験入学でそのスクールの雰囲気を体験してみましょう。

学校の雰囲気などは行って見なければわからないので、後になって「思ったのと違った」ということにならないためにも複数のスクールを比較してみることをおすすめします。

それぞれのスクールは、授業の体制やコースカリキュラムが異なります。

また、通学日も都合に合わせてカリキュラムが組めるフリータイム制や夜間、土日コースをおいているところ、専門学校のように指定の時間割で授業を受ける全日制など様々です。

また通学するスクールが自宅などから近いか?通いやすいかどうかもポイントです。

仕事をしている人、時間がある人、都合は人それぞれありますから、無理せずに通えるコースを選びましょう。