ジェルネイルとは

ジェルネイルは、水あめのようなとろみのある「ジェル」を爪に乗せて、専用のUVライトで固めて作ります。

自爪との密着力が高いので浮きにくく、透明感とツヤのある爪を作れ、マニキュアより長持ちします。

爪の補強はもちろんのこと、チップを使った付け爪やスカルプチュアなどの義爪を作ることもでき、色もクリアでアクリルネイルよりも艶やかに仕上がります。ジェルネイルと一口にいってもその用途や意味は幅が広く、ソフトジェルやバイオジェル、カルジェルなど種類も様々です。

一度つけると2〜4週間は持ちますが、水仕事の方、主婦の方は水分によって剥れやすい傾向があります。その場合は耐久性の高いソフトジェルやカルジェルを選ぶと良いでしょう。

通常のジェルネイルはアセトンなどの溶液では溶けない非溶解型のものですので、落とす場合は削り取ることになります。

このため、落とすのに時間がかかる、自分の爪を削ってしまう。爪が薄くなる、などトラブルとなってしまう場合もあります。