ネイルの基本アイテム


ネイルの腕を上げたければ、まず基本の道具をぜひ知っておいてください。

そういったアイテムを持っていることで仕上がりに差がつくことがあるからです。

ネイルケアのアイテムはネイル用品売り場に行くとたくさんの種類が売っていますが、すべてを揃える必要はありません。

ここで紹介する基本のアイテムをまず揃えて、必要になったら買い足していきましょう。

美しいネイルケアに欠かせない、基本アイテムを紹介していきます。


・爪やすり
爪の長さや形を整えるためのやすりです。
自分の爪に直接使うものは「エメリー(エミリー)ボード」と呼ばれ、つけ爪に使うものは「ファイル」と呼ばれます。
やすりを使うことで長さや形を整えるのはもちろん、二枚爪を防ぐことができます。
目の粗さ(グリット)は150〜180が良いでしょう。


・ウッドスティック
先端が斜めにカットされた細い木の棒。甘皮の処理時やコットンを巻いたりしてはみだしたエナメルの除去やネイルの修正と用途は様々。持っていると便利です。


・コットン
エナメルを落とす際に利用します。ウッドスティックに巻いたり、そのままの大きさで使います。普段化粧落としに使っているもので問題ありません。


・ニッパー
ウッドスティックで押し上げた甘皮を取ったり、ささくれを取るのに使います。


・バッファ
爪磨きのことです。爪の表面を滑らかにし、エナメルを塗ったときのノリがよくなります。クリームやオイルを塗ってから使うことで爪を整え、ツヤを出します。


・エナメルリムーバー
除光液のことです。ネイルケアの前に塗っていたネイルを落とすために使います。
使いすぎは黄ばみの原因になり、爪も弱くするので注意しましょう。アセトンは爪の皮膜を溶かすので、アセトンの入っていないもの、ビタミンなどの保護成分配合のものを選ぶと良いでしょう。


・キューティクルリムーバー
甘皮に塗ることで、余分な甘皮や角質が柔らかくなり、甘皮の処理に使うと除去しやすくなります。液状タイプ、クリームタイプの2種類があります。


・キューティクルオイル
爪専用の美容液です。保湿効果があり爪や甘皮の乾燥を防ぐとともに、爪の成長を助けます。甘皮の処理のあとで使いますが、なければハンドクリームや普段顔につけている美容液やクリームで代用できます。


・フィンガーボール
甘皮の処理のときに、甘皮をふやけさせるのにお湯を入れる容器。
これは、専用のものを容易しなくても、小さめのボールや洗面器で代用しても全く問題ありません。
指が入る大きさでお湯が入れられればよいのです。


・タオル
フィンガーボールで甘皮をふやかしたあと、水分をふきとるのに使います。


・ベースコート
ネイルケアの後で、爪を保護するために使います。

初めてネイルケアに挑戦!という方がこれらの基本アイテムをすべて自分で選ぶのは大変かもしれません。その場合には、いろいろなメーカーから「ネイルケアの基本アイテムセット」が出ていますので、そちらを購入することをおすすめします。