基本的なネイルの塗り方


ネイルはほんのひと手間加えるときれいに仕上がります。

自分で爪にネイル(マニキュア)を塗る場合の基本的な塗り方を知っておきましょう。

用意するのは、好きな色のエナメル、トップコート、ベースコートの3つです。
流行のアートに挑戦する前に、まず、1色のエナメルをムラなく自分の爪に塗ることができるように、基本的な塗り方を練習してみましょう。


1.ベースコート
ベースコートの役割は、ネイルを塗りやすくすること、また爪へのダメージを防ぎ、色素沈着をおこすのを防ぎます。
粘り気があるため、何度も塗り直すと汚くなるので注意しましょう。
コツはブラシによくしみこませたものを一気に素早く塗ることです。


2.ネイルを塗る
簡単なようで意外と難しいネイルの塗り方。
キレイな塗り方はブラシに適量をとって、均一にのばすのがポイントです。

はじめはブラシをそっと爪に置き、刷毛を持つ指は、力をぬいてスッと引くようにすると均一にのばすことができます。

塗り過ぎないためのポイントは、エナメルの容器のふちで刷毛をしごいてエナメルの量を調節すること。
適量が取れたら、爪の中央に刷毛を置き、中央、左、右、というように3回ほどで塗り終えましょう。


3.トップコート
最後の仕上げとして、ネイルの上に透明のトップコートを塗ります。
トップコートを最後に塗る理由は、光沢が出て華やかになること、またネイルが剥げたり、擦り減ったり欠けるのを防ぐためです。
ただ塗りすぎてしまうと逆にネイルがはがれたりする原因になってしまうので、厚塗りしないようにしましょう。3日に一度の割合でトップコートを塗ると、ネイルが長持ちします。


<知っておきたい豆知識1〜ネイルの色の濃さと塗るポイント>

・色が濃いもの
色むらになりにくいですが、はみ出すときれいに見えないので注意しましょう

・パールや乳白色など色が薄いもの
何度も塗ると刷毛のラインが出てしまうので、なるべく2度塗りはせず、さっと塗りましょう


<知っておきたい豆知識2〜はみ出してしまったら?>

ネイルがもし、もし、はみだしてしまったら、ウッドスティックかめん棒に細かくしたコットンを巻きつけて、リムーバーを染みこませたもので取ると良いでしょう。


※エナメルについている刷毛では上手く行かない場合は、専用刷毛がネイル用品売り場に売っていますので、上手くなりたい人はコレを使うのもひとつの方法です。
容器についているものより持ちやすいので塗りやすいですよ。
メンテナンスをしながら使ってください。